スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

「ブレイク2008」プロに学ぶ日経225先物戦略

試行錯誤を繰り返しながらトレードに時間を費やすも、
資金は目減りするばかりで残るのはストレスのみ。

でも、今は完全に立場が逆転。
自分の資産を確実に、そしてコンスタントに増やすことに成功しています。
そして、冒頭の
「なぜ日経225先物のトレードで儲けることができないのか・・・」
と言い切れるまでになったのです。
彼らに伝授されたルール(ノウハウ)通りにトレードすることで、
私は一気に勝ち組に加わることができたのです。

回りくどい説明はやめて、いきなり核心部分に触れましょう。
・ある特定の瞬間的な値動きを狙ってトレードする方法である。
・一回の取引で大きな値幅を狙うことができる方法である。
・「日経225mini」により適している方法である。
・ストレスを感じずにトレードができる方法である。
日経225miniの場合、損切りは 5円 少なく済むことも多いので利益は上記よりも大きくなります。

では、なぜ彼らは数ある投資の中で「日経225先物」を選んでいるのでしょうか?
「投資の中で一番利益を出しやすいのが「日経225先物」である」と。
なぜならディーラーは現物株では下値を売り込むことができません。

しかし日経225なら下値を売り込むことができます。つまり下げ相場に強いのです。

この歴史に残る「下げ相場」の中、「日経225先物」がいかに重要か、お分かりいただけると思います。
株よりも、そしてFXよりも断然簡単な「日経225先物」こそが、
実は一番オススメできる商品なのです。

ここで、投資に興味を持っていても、何から始めればよいか迷っている方に、
「日経225先物」がなぜオススメなのか、
その理由を簡単に説明しておきたいと思います。



東証上場企業銘柄のうち、代表される225銘柄の株価指数の先物取引を指します。
先物取引とは、あらかじめ定められた期日(満期日)に、
特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、
あらかじめ決められた価格で売買する契約のことです。
※2006年7月からは「日経225mini」の取引が開始され、通常の約10分の1という少ない資金でも取引できるようになりました。日経225mini なら1枚につき、10円値動きがあるごとに、1,000円の損得が発生することになります。

株の場合は数千の銘柄から取引する銘柄を、
FXの場合もいくつかの通貨ペアから取引する通貨を選ぶ必要があります。
それに対して「日経225」は、
日経平均株価という225銘柄で構成される株価指数を対象とする取引なので、
個別銘柄を選択する必要は全くありません。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
「ブレイク2008」プロに学ぶ日経225先物戦略



2009/06/07(日) 投資 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://zi100en2.blog54.fc2.com/tb.php/8-b86ecb94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。