スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

1日3分の練習で変わる9日間ライテク上達法

1日3分の練習で変わる9日間ライテク上達法

「くやしー・・ついていけない」
以前の私はこんなライダーでした
本を読んで練習していたのでライテクは大丈夫だと思っていた。


そんな思いも町から離れ峠を走り始めると砕け散りました
「もっとうまくなりたい・・」と思った私のライテクを変えたのは元テストライダーに教えてもらった
非常識な練習をして簡単に上達する方法です
ライテク本を読んでも上達しなかった私を救った
ライテクアップ法を知りたくないですか?
今からお伝えするのは、私の体験です。
私がバイクに乗りはじめた理由は、
バイクのエンジンそのものが、機能美のかっこよさを作り出していたり、
レーサーレプリカのように走る性能を極限まで追求した姿にかっこよさをかんじていたり、
走らせれば、その運動性能は、まるでモビルスーツを操るシャーやアムロのように、
人の限界をはるかに上回る動きが出来るようなるんだと思っていたからです。
バイクは、そんな子供のときに持っていた夢をかなえてくれる乗物だと信じていた。
バイクを手に入れて、こいつを思い通りに操れるようになりたいと思ったのは当然です。
バイクに乗り始めてからは、少しでも早く乗りこなせるようにライテク関連の本を読みた。
コーナリングの時は、こうするといいのか、
ブレーキはこうか!などと、
ライテク本のマネをしてそこ走れるようになっていた。
私はコーナーに入っていくたびに、彼らと同じラインを取れず、
おいていかれて、なんだかミジメめな気分になりた。
町乗りの時には、何の不満も感じることなく乗れていたのに・・・
知り合いとの、あまりにも大きな差にくやしい思いをした。
何が違うんだ?
どうしたらもっとうまくバイクに乗れるようになるのだろう?
バイクを軽々と扱えるカッコイイライダーになりたい。
そんなことを考えた。
その日以来、ライテクを上達させるために、
ライテクに関する本を大量に読みあさり、いろいろと試した。
おかげで、知り合いについていけるようになり、なかなかいけてると思っていた。
でも、ライテク本で身に付けたライテクは、メッキのようにはがれやすいものでした。
そして、ライテク本で身に付けたメッキがはがれるときは意外と早く訪れた。
忘れもしません。
知り合いといつものように、峠のコーナーを走っていたときです。
下りの左ブラインドコーナーに入っていくと、山肌から流れる湧き水が、
川になって道路を横断していた。
前を走る知り合いは、バイクを少しだけ起こして簡単に通過しましたが、
私は、「あっ、すべる!」


気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
1日3分の練習で変わる9日間ライテク上達法
スポンサーサイト
2009/06/13(土) 四輪二輪 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。